追証からの生還

4度の追証でも懲りずに市場に参入しているブログです。

株式会社の解散

法人(会社)の解散登記その5/解散登記後の履歴事項全部証明書を取得

投稿日:2018年12月16日 更新日:

解散及び清算人選定登記後、およそ5日程度で登記が完了します。

完了したら法務局から連絡がくるとか、そういうのはありませんから申請書を提出したときにもらう「法務局からのお知らせ」の紙に記載されている完了予定日以降に、履歴事項全部証明書を取りに行きます。

持っていくものはとくにありませんが、印鑑カードがあるのなら持って行った方がいいです。
印鑑カードがあれば証明書の発行が簡単です。

法務局に着いたら証明書発行請求機に向かいます。

そこで先に書類交付申請書を取得します。
以前は手書きで申請書を作っていたようですが、今は便利ですね。
手書きすることがありません。

画面に従って入力していきます。
印鑑カードがあればカードを挿入して簡単に請求できますが、私の場合、印鑑カードは引きつがないように申請してありますから、面倒ですが住所と会社の名称から自分の会社を呼び出し、そこで履歴事項全部証明書の交付申請書を発行します。

画面の「会社・法人」を選択

あとは画面に沿って進めばOK。

申請書が出てきたら、手数料分の収入印紙600円分を印紙販売所で購入して、証明窓口に行きます。

そこで申請書に印紙を貼り付け、履歴事項全部証明書を受け取ります。

履歴事項全部証明書は今後の申請でいろんなところで必要になりますから、沢山コピーしておいた方がいいです。

>>法人(会社)の解散登記その6/税務署と都道府県、市町村への異動届と確定申告の提出

-株式会社の解散
-,